0120-862-059

つながらない場合は 03-6659-5259

受付時間:平日9:00~17:00

  • ホーム
  • 事務所紹介
  • 所員紹介
  • 無料相談
  • 料金表
  • 解決事例
  • お客様の声
  • 選ばれる理由
  • アクセス

亡くなった方が不動産オーナーだった場合

このようなお悩みございませんか?

・被相続人が何の節税対策もせずに亡くなってしまった・・・

・不動産の評価に強い税理士にお願いして、何とか相続税を下げたい・・・

・相続財産の中の、大部分が不動産を占めており、現金がない・・・

 

不動産評価の方法は税理士によって異なります

不動産評価の方法は、税理士によって異なり、相続専門の税理士と、相続税の申告に不慣れな税理士とでは、納税額に大きな開きが出ることがあります。

相続された土地が、がけ地や、地面が傾斜している土地は、土地・不動産の評価を下げることができ、相続税を節税できる可能性がございますので、今一度、専門の税理士へご相談されることをお勧めいたします。

評価を下げることができる土地

下記のような土地は、評価を下げることができる可能性があります

・建物の建築・建替えが難しそうな土地

・都市計画道路い土や区画整理の予定がある土地

・道路との間に水路を挟んでいる土地

・道路と地面の間に高低差がある土地

・路線価が付されていない道に面した土地

・突き当たり道路に面した土地

・土地の中に赤道(里道)や水路が通っている土地

・庭内神祀(社や地蔵尊など)がある土地

・騒音・悪臭・土壌汚染・険悪施設により活用が難しい土地

・前と後ろで容積率が変わる土地

・空中に高圧電線が通っている土地

当センターは、これらの土地の評価に、精通しております。是非一度、ご相談にいらっしゃってください!

お客様の声
【墨田区】公正証書として遺言書を作成する場合は、ぜひ又相談にのっていただきたいと思います。
公正証書として遺言書を作成する場合は、ぜひ又相談にのっ…
【江東区】又 お世話になると思いますのでよろしくお願いします。
又 お世話になると思いますのでよろしくお願いします。
【江東区】ありがとうございました
ありがとうございました
【墨田区】やさしく答えていただきありがとうございました
やさしく答えていただき、ありがとうございました。
その他のお客様の声はこちら

よくご覧いただくコンテンツ一覧

  • ホーム
  • 選ばれる理由
  • 事務所紹介
  • スタッフ紹介
  • 料金表
  • アクセス
  • 無料相談
  • 問い合わせ
PAGETOP